スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 「DEATH NOTE」 

先週末に、映画「DEATH NOTE」を観てきました。

死神がCGだということはTVで見ていたので「もし「デビルマン」みたいなことになってたらどうしよう」と心配していたのですが、その心配はいらなかったです。リュックがマンガのイメージそのままでびっくりしたくらい。

映画も思っていた以上に楽しめました。
行く前に見ていた映画の宣伝を見てちょっと抱いた「もしかして”ノートを手にした大学生が単身世の矛盾を相手に戦いを挑む”なんていう話になってないだろうな!?」という危惧についても、問題なし。ライトは黒かったです。ふふふっ。そうだよね、そうでなくっちゃねっ。

私は藤原竜也くんびいきなのでかなり色眼鏡だとは思いますが、彼のライトは○。L役の松山くんは少しイメージと違いましたが、手がとても綺麗なのが○。特にヘンな手つきで携帯電話を持つ場面がとても印象に残りました。

よかったこと、いろいろ言いたいことを含めて、それでもかなり満足。娯楽映画だもん、ちょっとくらい強引だってオーバーだっていいと思います。
これなら11月公開予定の後編も楽しみ。予告では「誰も知らないラスト」となっていましたが、もしかしたら原作とは違う結末が用意されているのでしょうか?だとしたら益々楽しみ。もしも第一部で物語を完結させるならどうするだろう?自分なりの答えを考えながら11月を待とうと思います。

スポンサーサイト

コメント

弟が『DEATH NOTE』の後編を見るのを楽しみにしています。私はホラーTV好きで「この映画は面白そうだ!」と思って映画館で前編を見たのですが、あまり恐くなかったのでチョット残念でした。が、『リューク』の あのセリフ『人間って面白!!』と言ったのが私にも弟にも強く印象に残ったと思います。前編は私の期待通りではありませんでしたが、後編は さらにレベルUPになってるハズなので楽しみにしています。 

もうすぐ公開ですね

すずさんこんにちは。コメントをありがとうございます。

確かに、ホラー的な怖さというのはないですよね。それよりは心理的な駆け引きの面白さ、なのかな。…といっても、あくまで娯楽であることが前提だとは思いますが。

やはり後編は原作とは違うものになるようなので、どういう結末に持って行くのかとても楽しみです。手に汗握る展開になるといいなあ。
見たら感想を書きますね~。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/196-193e4ad3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。