スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『死神の精度』 伊坂幸太郎 /文藝春秋 

死神の精度人が病気や老衰などではない不慮の事故で死ぬ時、その人が死を迎えることの可否を調査する「死神」がやってくる。対象と接触し、話を聞き、結果を報告するのが彼らの仕事。彼らが「可」と判断すれば死、「見送り」と判断すれば生の続き。ただ調査は形式的なものになっていて、ほとんどの場合は「可」と報告される。
これは、”ほとんどの場合は「可」だけど、ちゃんと調査はするのが信条”の死神が調査した6つの物語。

まず面白いなーと思ったのは、死神が仕事のたびに見た目を変えている、という設定。時間を超えた存在は見た目が変わらないことの方が多いように思うのです。で、昔の写真に同じ顔を見つけてあれ?とかいう展開になったりとか(それでいつも思い出すのは「スケバン刑事」の信楽老(笑))。でもこれはそうじゃなくて、対象に合わせて接触しやすい見た目で登場する。「ほう、面白いね」なんて思いながら読んでいたのですが、終盤になってこの設定が思っていた以上に重要だったことに気がつきました。その時には他にも「そうか、そうだったんだ」と思うことが重なって、ぷるっと震えがきちゃった。

どの話も面白いし、ワンパターンになっていないのがいいですね。雪に閉ざされたペンションでの連続殺人とか、なぜ美容院に客を集める必要があったのか、とかの謎をさりげなく(謎は話のメインではないのです)話に織り込んでいるのも楽しい。
あとは死神の立ち位置もとてもいいですね。対象はあくまで調査対象で、ヘンに情をかけたりしない。もしこれが情に訴えられて「見送り」を連発するような話だったら、こんなにいいと思わないんじゃないかなと思います。

私がいちばん好きなのは「恋愛で死神」。この話のラストシーンが大好きです。哀しみを直接見せられるわけではないのに、胸をぎゅっとつかまれたみたいに切なくなりました。
あとは「死神対老女」(この本の最終話)の最後もよかった。上に書いたように「そういうことだったのかっ」と盛り上がった状態で迎えた最後の場面は、自分もそこで同じ光景を見ているようで胸がいっぱいになってしまって、涙が出そうでした。

伊坂さんの本はどれも好きだけど、中でもこれは「かなり好き」です。

スポンサーサイト

NINAGAWA 十二夜 

昨日、歌舞伎座の7月大歌舞伎「NINAGAWA 十二夜」を観てきました。

「情熱大陸」を見た時は「いったいどんな舞台になっているんだろう?もしかしてまとまってないなんてこともあるのかな?」なんて思ったのですが、そんな心配は全くいらなかったです。本当に面白かった!幕が開いてからかなり日数も経っているのでこなれていたのかもしれませんが。できることなら、幕開き直後と楽近くとを見比べてみたかったな。

シェイクスピアの原作は私はよく知らないのですが、これって「とりかへばや」?(…というか、私の中では氷室冴子『ざ・ちぇんじ!』なんだけど) 話そのものはもちろん違うけど、設定が似てる気がする。国や時代が違っても、語られる物語は同じなのかな?

続きを読む

活字倶楽部 2005夏号 /雑草社 

活字倶楽部 2005夏号 [雑誌]今号の私にとっての目玉はやっぱり恩田陸さんのインタビュー。
”恩田作品の男子高校生といえば知的な眼鏡少年がお約束(?)なのになぜ『夜のピクニック』には登場しないのか”という問いに思わずぐぐっと前のめりになり、恩田さんの”戸田忍くんは眼鏡をかけるときもあるっていうイメージ”との答えに「確かに、そうかも」とうなづき…質問のミーハーなノリが私の興味とわりと合っていて、読んでいてものすごく楽しかったです。
カラー1頁に今までに刊行された本の表紙全て(ハードカバーと文庫
で出ているものは両方とも)が、どーんと載っていてなかなかの迫力。こんなに出てるんだー。 …中には買って読んでいないものがいくつもあるのですけれど(汗)

ほかにも福井晴敏さんのインタビューやナルニアの特集など、今号も読み応えあり。
面白いのはいいんだけど、かつくらを読むと読みたい本が増えちゃうんですよね…。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 

先週の金曜日に観てきました。
いよいよダース・ベイダー誕生。もうわくわくです。

前半は、場面がどんどん変わっていくのについていくのでいっぱいいっぱいでしたが(ワンカットが短いですよねー)、計画の発動あたりからはものすごく盛り上がりました。映画紹介で言われている通り、アナキンとオビ=ワンの一騎打ちは見応えがありました。…っていうか、オビ=ワン強いじゃないかっ!暗黒面に落ちたアナキンはもっとめちゃくちゃ強いのかと思っていたので、いい勝負を繰り広げる2人に思わず握りこぶし(笑)
暗黒面に落ちてからのヘイゼン・クリステンセンはなかなかよかったです。エピソード2を観た時は「あの聡明そうな子供が大きくなってこうなるかな?」という違和感が拭えなくて、なんとなくすっきりしなかったのですが、この映画の後半は結構ハマっていたように思います。
ラストはエピソード4にちゃんと繋がって、ああこれで終わったんだな、と思いました。
エピソード4から6をもう一回観たくなっちゃった。この間テレビで放送してたんですよね。見ればよかったなあ。

そういえば、タイトルロールの名前、一番最初はユアン・マクレガーでした。アナキンが主役ってわけではないのですね。

購入本いろいろ 

・『ハイドゥナン (上)
・『ハイドゥナン (下)』 藤崎慎吾 /ハヤカワSFシリーズJコレクション

思っていた以上の厚さに一瞬「どうしようかな」と迷いましたが、上下巻は図書館で借りにくいのでえいやっと購入。

・『サマー・タイム・トラベラー (1)
・『サマー・タイム・トラベラー (2) 』 新城カズマ /ハヤカワ文庫JA

ネットのあちこちで話題になっていたのでなんとなく手にとって、あとがきの「どこまでも駆けてゆく一人の女の子」のフレーズにやられて購入。これは夏の間に読みたいなあ。

現在は『アルレッキーノの柩』を読んでます。思っていたよりも進まなくて;今1/3程。

「鋼の錬金術師」 11巻 荒川弘 /ガンガンコミックス 

鋼の錬金術師 11 (11)前の巻を読んだ時も思ったことだけど、アニメの話と原作の話がどうもごっちゃになっているようで、時々「え?」と思っちゃう。一度通して読み返さないといけないな。
ぐっときたのは、師匠の「ありがとう」から数ページ。アルが見つけた事実は、驚きながらもものすごく納得。そうか、それなら光も見えるよね。そこから導き出された推論が正しいのかどうかはまだわからないけど。
あとはハボックがどうなるのかが気になります。このままってことはないよね?ぜひ復帰して欲しいですっ。

『いま、会いにゆきます』 市川拓司 /小学館 

いま、会いにゆきます映画化もされて、とても話題になりましたよね。
あまりにも売れた本ってなんとなく読みそびれてしまうことが多いのですが(ベストセラーでしょ?なんていう天邪鬼な気持ちもあったりするし)、知人が貸してくれたので、遅ればせながら読みました。

正直なところ、好きかと聞かれたら「うーん…」という感じ。さらっとしているのはいいけれど、印象がぺらっとしているようにも思います。
あと、私にとって大事な「人物が頭の中で像を結ぶかどうか」というところがちょっと弱かった気がします。
設定は、わりと好きなんですけどね。同じ人に何度でも恋をする、というのはとても素敵だと思うし。ただ、せっかく恋愛小説を読むなら自分も一緒にドキドキしたいし、別れの予感に切ない気持ちになりたい。でも読んでいる間ずっと「この人のどこを好きになるのかよくわかんないなあ」だったので…。読んでいてこそばゆくて仕方ないところも多かった。男の人の語りでこういうのは恥ずかしいよー。たぶん、私とはあまり相性がよくなかったんですね。
ラストで明かされたことは、ちょっと驚きでした。先日、桜さんがコメントに書いてらっしゃったのはこれですね。私もここは好き。もうちょっと気持ちが入れていたら、泣いちゃっただろうな、きっと。

松竹大歌舞伎 十二代目市川海老蔵襲名披露 

昨日、市川海老蔵さんの襲名披露興行を観てきました。
アクトシティ浜松では昼夜2公演だったのですが、どちらも早々に満員御礼札止めだったそうで。(友人によると、会社のパートさんで観たかったのに取れなかった人もいたらしい)
「やっぱり海老蔵の人気は別格かね~?」
なんて話しながら会場に入ったら、なんと!制服姿の女子高生が何人かいてびっくり。客層の年齢はいつもかなり高めで私たちでさえ浮きがちな浜松での歌舞伎公演に女子高生とは、さすが海老蔵さん。
演目は「実盛物語」。私は初めて観る演目・・・のはずなのだけど、網にかかった「白旗を握り締めて離さない女の片腕」をめぐるこの人情話はなんとなく知っている気がします。テレビの舞台中継で観たか、それとも有名な話なのかな?
実盛を演じたのはもちろん海老蔵さん。
平家に仕えながらも源氏に心を寄せる侍という役どころを緩急のある演技でみせてくれました。
正直なところ、私はインタビューなどで見る彼はあまり好きではないのです。言動の中には鼻につくこともあったりして。でも、舞台上の彼はやっぱり素敵でした。立ち姿はすっきりと凛々しくて、とぼけた表情は愛嬌があって、眼光鋭く客席を見た時はドキッとしちゃったりして(笑)
踊りは素人目にも体のキレがいいのがよくわかって、見ていて気持ちがよかったです。終演後、一緒に観た友人に聞いたら(彼女は日舞をやっていたので)やはり動きが良くてすごいなーと思ったとのこと。
太郎吉を演じていた子供が「今まで子役がこんなに目立つ演目見たことあったっけ…?」と思う程に目立っていて、客席の笑みを誘ってました。隣の席のおばあさんも大喜びで、いきなり「可愛いわねー、いくつくらいだと思う?」と話しかけられたりして(笑)。集中してたのでものすごい生返事になってしまいました。おばあちゃん、ごめんよ…。

襲名披露の口上もとてもよかったです。大柄で荒っぽい瀬尾十郎を演じていた片岡市蔵さんが思っていたよりもずっと小柄で、落ち着いた語り口なのに驚きました。さすが役者さんだなあ。

三幕目は団十郎さんが鳶頭を踊る「お祭り」。
ちょっと「もしかしたらお疲れなのでは…?」という感じではありましたが、さすがに貫禄たっぷりな感じ。いい雰囲気の中で幕が降りました。

今回は海老蔵さんと団十郎さんがお芝居をしている所は観られなかったので、今度はぜひそういう機会を見つけて観たいなと思います。

ひとまず区切り 

・『トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈5〉薔薇の玉座
・『トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈6〉茨の宝冠
・『トリニティ・ブラッド Canon 神学大全』 吉田直 /角川スニーカー文庫

以上読了。
まだRAMを2冊残してはいますが、読みたい本があまりにも溜まってしまったのでここで一旦区切り。アニメの進み具合によっては急に読みたくなるかもしれないし、あとは気分でぼちぼちと。
もっと「ここで終わりなのっ!?」っていうところで終わっていることを覚悟していたのですが、『茨の宝冠』はちょうどROMの大きな山を越えたところまでだったので、案外じたばたせずにすみました。
ただ『Canon』を読んだ感じではこの先登場人物達には更に過酷な展開が待っていたようなので、それを読めないのはやっぱり残念。特にカテリーナとトレスの話、読みたかったな。
正直、展開のわりにはのめり込めないな、とも思いましたが(ちょっと盛り上がるとすぐ泣く私が一度も泣かなかったし)、アニメとの相乗効果もあって楽しかったです。

次は予定通り『アルレッキーノの柩』を読み始めたのですが。
今日会社の先輩が「娘が持ってたんだけど、読む?」と『いま、会いにゆきます』を貸してくれたのですよ。図書館ではものすごい待ち数だし、自分で買うのもなんだかなーだし、読むことはないだろうと思っていたのですが、貸してくれるなら読んでみようかな、と。
あまり「ベストセラーだから面白くないんじゃ」とかいう先入観は持たないようにして、読みたいなと思ってます。…とか書いてるけど、実は50頁読んだところですでに「私の好みじゃないかも~」なんですけど(苦笑) でも、さらさらと読めそうなので、最後まで読もうと思ってます。

情熱大陸 「蜷川幸雄」 

昨日(7月10日)放送の情熱大陸は蜷川幸雄さんでした。
取材されていたのは、歌舞伎座で幕をあけたばかりのシェイクスピア「十二夜」。
私はそれほど詳しいわけではありませんが、様式とか型とかの決まりごとの美しさというのがある、というのはなんとなくわかります。そういう約束の多い畑違いの舞台の演出をするのはきっととてもたいへんなことなんでしょうね。
喪の衣装(だっけな?)を選ぶ打ち合わせで「黒いこういうのをかぶるような」という蜷川氏に、白地の着物を手にとった衣裳さんが「遠山に霞っていうのは歌舞伎では寂しげな柄なんですけどね」と答えているところが映っていて、ああこういう噛み合わないところって山ほどあるんだろうな、と。
立ち稽古が8日というのも驚きました。こんな新しいことをやるのに、それしか時間がないなんて!
きっと、手探りの中「もうやるしかないだろう」というところもあるんだろうな。菊五郎さんも「自分たちが何をやっているのかよくわからないんだ」というようなことを言っていましたし。
さて、一体どんな舞台になったのだろう?
実は私、この舞台のチケット、取ってあるのですv
蜷川演出の舞台に立つ菊之助くんを観るのは「グリークス」以来。蜷川氏が歌舞伎の枠をどう壊しているのか、どんな新しい魅力を引き出しているのかをもうすぐ見られると思うとドキドキです。

ミュシャ展を見てきました 

昨日、浜松市美術館で開催中の「ミュシャ展 -フランスからパリへ 華麗なるアール・ヌーヴォーの誕生-」を見てきました。

初めて浜松にこの展覧会が来ると知ったのはいつだったっけ?ずっと楽しみにしてました。6月10日からの開催なので「そろそろ空いてきたかな」と思う反面、「雨だし、案外たくさんいるかもしれないな」なんてどきどきしながら美術館に着いてみると。
…あれれ、駐車場に余裕があるぞ?
中へ入ってみてもやっぱり人は少なくて。うん、これならゆっくり見られるね。わーいっ。

続きを読む

「ヴァンパイア騎士」 1巻 樋野まつり /白泉社花とゆめCOMICS 

ヴァンパイア騎士 1 (1)
「ヴァンパイア」という文字につられて購入。今の私はどうも吸血鬼ものに過剰反応してしまうようです(笑)
「とらわれの身の上」は読んでいたけど、「めるぷり」は読んでいなかったので樋野さんのマンガは久しぶり。相変わらずかわいい絵ですねー。制服も可愛いっ。
ただ、帯の言葉からもう少しシリアスな感じだと思っていたので、案外おちゃらけ部分が多かった(と私は思うの)のが残念だなあ。続きを買うかどうか迷うところです。

「桜蘭高校ホスト部」 6巻 葉鳥ビスコ /白泉社花とゆめCOMICS 

桜蘭高校ホスト部 6 (6)相変わらずのハイテンション。ただ、やっぱり6巻までくるとただ「馬鹿騒ぎ&時々ホロッ」だけじゃなくて、それぞれの抱える事情とか悩みとかが出てくるのですね。
それはいいんだけど話の方向が変わってしまわないかが心配。「ホスト部」にはぜひこのままのスチャラカさで走りきってもらいたいなと思うのです。
今回は鏡夜の出番が多かったですねv

「DEATH NOTE」 7巻 大場つぐみ・小畑健/ジャンプコミックス 

DEATH NOTE 7 (7)…びっくりした。びっくりした。びっくりしたっ!
この話は本当に「先が読めない~」と思ってはいたけれど、それでも、前の巻を読み終えた時には私なりに、この先どうなるのかについてあれこれ思いをめぐらせていたわけなんですが(断片的でとりとめのない考えだけど)、この展開は全く予想してませんでした。
最初に4巻まで読んだときには「私はどっちかっていうとライトがんばれ派かなあ」なんて思っていたのですが、だんだんそういうのん気なことも言っていられなくなってきましたね。
24頁とか120頁のライトの顔は、本当に怖いっ; 改めて小畑さんの画力のすごさを感じました。
この巻の途中で「第一部完」だったのかな?物語は新しい流れですね。こうなるともう先が全く予測できません; 早く次の巻が出るといいなあ・・・。

「Reading Baton」 

takoさん(second message)から「Reading Baton」が回ってきました。いろいろなサイトさんで設問に答えてらっしゃるのを読むのはとても興味深くて面白かったのですが、自分に回ってくるとは思っていなかったのでびっくり。
せっかくなので、参加してみようと思います。

<お気に入りのテキストサイト(ブログ) >

・・・これは難しいですね。毎日読んでいるサイトさんはどこもお気に入りばかりなので。
あえて挙げるなら、私がサイトを立ち上げた頃(このブログではなくて本サイトの方あ)からずっと楽しみに読ませていただいている、
・ 政宗九の視点 (政宗九さん)
・ 読み捨てられてゆく言葉たち (shakaさん)
ですね。考えてみたらもう5年以上なんだなあ。

<今読んでいる本>

ここを見に来て下さっている方には書かなくてもわかっちゃいますよね(苦笑)
ここ一ヶ月ずっと「トリブラ」を読んでます。
これを読み終わったら次に読もうと思っているのは『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』と『アルレッキーノの柩』。今の気分なので、その時には変わっているかもしれませんが。

<好きな作家>

難しい~。
ただ、「この人の本は必ず買おう」と決めている作家さんは何人かいます。その中からあえて好き歴が長い5人を挙げてみると

・北村薫さん
  一時ミステリを読まなくなっていた私を引き戻してくれたのが『空飛ぶ馬』でした。

・恩田陸さん
  ラストで「うーん…?」と思うことがよくあるのに、それでもやっぱり大好きです。

・近藤史恵さん
  歌舞伎を題材にしたものが特に好き。以前から興味があった歌舞伎を観にいくようになったのは、この方の影響が大きいと思います。

・高野文緒さん
  この方の構築する世界がたまらなくツボ。

・若竹七海さん
  どの話も私のストライクゾーンです。最近新作がないのが残念。

書いていて改めて「好きな作家さんを挙げていったらきりがないよな」と思いました。嬉しいことですね。
  
<よく読むまたは、思い入れのある本>

これも難しいっ。
最近は情報が多い分読みたい本も増えて、何度も読み返すということが少なくなりました。
だから、読み返した本というとかなり前の本になってしまいますね。

まずは、中学高校と何度も何度も読んだコバルト文庫から。

・『なんて素敵にジャパネスク』 氷室冴子
・『星へ行く船』 新井素子
・『マンガ家マリナ』 藤本ひとみ
どれもシリーズ。これらは本当に何回読み返したかわからないくらいに読みました。

社会人になってから読んだもので折りにふれて読み返しているもの、思い入れの強いものは
・『空飛ぶ馬』 北村薫
・『ねむりねずみ』 近藤史恵
・『六番目の小夜子』 恩田陸
かな。ただ、今思い出せていないだけというものもたくさんある気はするのですが。

<次にバトンを渡す人(3人)>

私が読ませていただいているサイトのほとんどがもうバトンを受け取っているので、これは割愛。

以上、ぱっと思いつくままに答えてみました。

またまた購入本 

・『ニッポン硬貨の謎』 北村薫 /東京創元社
・『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』 今野緒雪 /集英社コバルト文庫

久しぶりの北村さんの新刊、楽しみです。

盛り返し 

・『トリニティ・ブラッド―Reborn on the Mars〈4〉聖女の烙印』 
・『トリニティ・ブラッド―Rage Against the Moons〈4〉ジャッジメント・デイ』吉田直 /角川スニーカー文庫

2冊読了。
前に日記で「お腹いっぱいかも」と書きましたが、ここへ来て気持ちが盛り返してきてます。
一番の理由はカテリーナ、かな。自分の気持ちをもて余してイヤな女になってしまう…それに加えて、もしかして○○!?この先の展開が俄然楽しみになってきました。あとは彼女に忠実なトレスの出番が少しでも多いといいなあ。
ただ、ROMはあと2冊で絶筆なんですよね。それがとても残念です。

「20世紀少年」 19巻 浦沢直樹 /小学館ビッグコミックス 

20世紀少年 19―本格科学冒険漫画 (19)前の巻で登場した矢吹丈の正体がわかりましたね!予想通りではあったけど、「この作者だし、もしかしてもしかしたら違うってこともあるかも」という気持ちもちょこっとはあったので、予想通りでほっとしました。これ以上ひっぱられたらどうしようかと思っちゃいましたよ;
帯にも書いてあったけど、これで話は終わりに向けて転がりだしたという感じですね。とはいっても「ラストはきっとこうだろう」みたいな予測は全くできません。次巻が待ち遠しいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。