スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魚神』 千早茜 

魚神
本土から追われた人々が住む閉ざされた島。捨て子で姉弟として育てられた白亜とスケキヨは、お互いのみを心の拠り所としていた。やがてスケキヨは島の裏側の町へと売られ、白亜は美貌で評判の遊女となっていた。

表紙の雰囲気とあらすじから、好みの話に違いないと思ってはいました。
もっともっとぬめぬめとしてひんやりしている文章かと思っていたのですが、読んでみたら思ったよりもぬめぬめ度が低かったです。物足りないところもありましたが、全体としては好きな感じ。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。