スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『オチケン、ピンチ!!』 大倉崇裕 

オチケン、ピンチ!! (ミステリーYA!)
『オチケン!』を再読した勢いで読みました。シリーズ第2弾です。

今回も収録されているのは中編が2つ。
越智のトラブルへの巻き込まれ具合も前作同様(笑)

最初の話は『オチケン!』のラストで起きた岸先輩がらみのトラブルの話。前の話をちゃんと覚えていなかった私は慌てて再読しましたが、前作で語られたのは起きたことのほんのさわりだけで、そこについては再度ちゃんと語られているので、読んでいなくても問題ないのでは。
とはいえ、オチケン3人の立ち位置がわかっているほうが断然楽しいと思うので、再読したおかげで楽しさアップでした。

後の話は今までとは少し雰囲気が違いますね。芸というものについて、少し踏み込んだ内容になっています。目指す背中が大きいといろいろ悩むこともあるんだろうな。

彼らがこれからどうなっていくのか、ぜひ続きを読みたいです。

ひとつ残念なのは、頭に浮かぶ岸さんのビジュアルがどうしても素敵にならないこと;
おかっぱで狸という文を見て、最初にあるお笑いタレントさんの顔が頭に浮かんでしまって、そこから離れられない(涙)
せっかく食えない部分と落語に対する真摯な部分とのギャップがいい感じなのに…。



スポンサーサイト

『オチケン!』 大倉崇裕 

シリーズ第2弾の『オチケン、ピンチ!!』を開いたら、どうも前作の最後から繋がっているみたいなのにどう終わったのかよく思い出せず…(汗)

というわけで、再読。

名前が越智健一だという理由で連れて行かれた落語研究会。部員は天才的な落語の才能を持つ岸と、私は落語はやりませんと豪語する強くて切れ者の中村の2人だけ。部員が3人を切ると自動的に廃部になってしまうから、と半ば強引に入部させられてしまった越智の波乱万丈なキャンパスライフの幕開け。

本人にまるでその気がないのに気がついたらトラブルに首まで浸かっているのが、気の毒やらおかしいやら。部室の使用権をめぐる争いに、学院に多大な影響力を持つ馬術部の醜聞と、休むヒマなし(笑)
どちらの話も謎ときに落語の噺が絡んでいるのが楽しいです。「寿限無」とか、わりと耳になじみのある噺をひいているのも嬉しい。
謎解きについては少々強引な感じもするけれど、状況や動機もなんというか大仰で(それでいて本人たちは大真面目)マンガチックな感じもするので、強引くらいでちょうどいいのかな。

それにしても、先輩2人は本当に食えないですね。読んでいて、「そういうヒントを出すってことは真相がわかってるってことじゃ?なら教えてあげればいいのにー!」と何度思ったことか。

巻末についている付録の落語についてのエッセイも面白いです。大倉さんは落語がお好きなんだなあと改めて思いました。


『ジョーカー・ゲーム』 柳広司 

ジョーカー・ゲーム
昭和12年に開設された「D機関」と呼ばれるスパイ養成学校。それに関わった陸軍軍人、卒業して敵国に潜伏した者など、話ごとに語り手が変わり、5つの話に共通する登場人物は「D機関」の発案者でかつて優秀なスパイであったと噂される結城中佐だけ。
そういう構成だったということもあってか、読む前の印象よりもずっと読みやすかったです。

結城曰く、「殺人、及び自決は、スパイにとっては最悪の選択だ」。
…なるほど、言われてみれば納得なのだけど、今まで私が抱いていたスパイのイメージとは少し違う気がします。陸軍内にあってはものすごく異質な存在なのに、一旦任務に就けば人目を惹かぬよう波を立てぬようふるまうのだと思うと…すごいとしか言えませんね。

どの話も面白く読みました。が、少し物足りないかなあ。5つの中でどれがいちばん面白かったかを書こうかと思ったのだけど、ガツンとくる話がなくて選べない。結城がストーリーに直接的に絡む話がひとつ欲しかったな。

「ちはやふる」5巻 末次由紀 

ちはやふる 5 (Be・Loveコミックス)
クイーンとの対戦は読み応えがありました。
試合から得るものは大きいんだなあ。

私は太一が贔屓です。千早が新のことを口にするたびに、「近くに太一がいるのに~~」とじたばたしながら読んでます(笑)

『猫を抱いて象と泳ぐ』 小川洋子 

猫を抱いて象と泳ぐ
静謐で、とても美しい物語でした。紡がれる言葉ももちろんだけれど、特にチェスの対局場面を語る言葉の美しさはなんともいえません。私はチェスはルールがわかる程度なので、どれだけすごい手が指されたのかを理解することはできないけど、それでも盤上に描かれたものを受け取ることはできたのではないかと思います。

「猫を抱いて象と泳ぐ」とは奇妙なタイトルだなあと思っていたけれど、読み始めて程なくしてその言葉をすんなりと受け入れ、一緒に深い海を泳ぐような気持ちで頁をめくっていました。
現実から少し浮き上がったところで紡がれる物語は、大袈裟な感動とは違う、静かな興奮と哀しさを、そして何よりも本を読むことの幸福を感じさせてくれました。

久しぶりの表紙買い 

僕と『彼女』の首なし死体
もうずいぶん前から、ハードカバーの衝動買いはなるべくしないようにしています。
自制しないと(いや、自制していても明らかに)購入した本の数>読んだ本の数になってしまうので(汗)、買うと決めている作家さん以外の本はできるだけ図書館で借りよう、と。

だけど今日は吸い寄せられるように手に取った本の表紙につられて思わず衝動買い。
だって、表紙の画が夢花李さんだったんですよ!
漫画家さんがハードカバーの表紙って、ないわけではないけど、でも驚きました。

…どうしてかな、この方の絵がものすごく好きみたいなのです。
今も、表紙をブログに表示したいっ!という一心で記事を書いてます…が、どうやらまだAmazonに書影が出てないみたいですね;
早く表示されないかなー。

あ、もちろん、きっかけは表紙でしたが、購入を決めたのは内容に心惹かれたから。
『僕と『彼女』の首なし死体』、ちょっと文章の感じを見てみようと開いた最初の頁の1行目のインパクトは大きかったです。どんな話なんだろう?
横溝正史賞関連は、「こういうの、私好き~」というのに出会うことがあるので(ここ何年かだと『水の時計』、『中空』、『風の歌、星の口笛』)、楽しみです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。