スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『扉守』 光原百合 

扉守(とびらもり)
瀬戸内の海と潮ノ道三山と呼ばれる山に囲まれた町。ここに住む人とここを訪れる人が出会う少し不思議な出来事をが綴られた連作短編集。

とても素敵な本でした。
登場する人たちもみな魅力的だけど(特に「セルベル」の店長と零さんにはぜひまた会いたい!)、潮ノ道という土地の描かれ方がまたとても素敵。どの話も浮かんでくる風景がとても美しく、モデルとなった土地を愛してらっしゃる光原さんの気持ちが伝わってきます。

本全体の雰囲気はほんわりとしているのだけれど、中には人の黒い気持ちを切り出してみせているものもあり、やさしいだけではない。そのあたりもいいです。

これは熱烈に続編希望!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。