スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『叫びと祈り』 梓崎優 

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
面白いのだけど、何故か物語に没頭できず、なんとなくすっきりしない気持ちを抱えたままで読んでいたせいか、読み終えるまでに時間がかかってしまいました。きれいな文章なのだと思うのだけど、私の読むリズムとどうも合わないようで、何度も同じところを読んでしまうこともあり…。

でも、すっきりしないのはそれだけが理由じゃないよなあと思いながら最終話の「祈り」を読んで。

なんとなく、違和感の正体がわかったような気がしました。たぶんポイントは物語に対する斉木の立ち位置と関わり方だったんだと思う。その私が抱えていたモヤモヤは形を変えて心に残りました。具体的にはネタバレになるので書けないけれど、タイトルに気持ちが重なった感じです。

スポンサーサイト

『あなたに贈る×(キス)』 近藤史恵 

あなたに贈るキス (ミステリーYA!)
感染したら二週間後には確実に死に至る病、ソムノスフォビア。感染ルートはひとつ、キャリアと唇を合わせるキスをすること。

法律で唇を合わせるキスが禁止されている世界で語られることで、改めて「キス」という行為が愛情表現の中でもトクベツなものなんだなあと思わせられます。

少女期特有の潔癖さが描かれてこその物語ではないかと思います。が、全寮制の共学の学校が舞台なのに、砂川くんや林先輩以外の男子の存在感がとても希薄で、「あ、共学だっけ;」と思うこともしばしば。それがよいのかよくないのかはわからないけど、私はこの物語の雰囲気は好きですね。

ただ、ラストはもうちょっと違う展開がよかったかな…。

それと、あとがきがとてもよかったです。この2ページも私の大切なビー玉になりそう。

「鋼の錬金術師」26巻 荒川弘 

鋼の錬金術師 26 (ガンガン コミックス)
アニメの最終回から少し時間が経ったせいか、てっきり最終巻だと思って読み始めたのですが違いました;次が最終巻なんですね。

話自体はほぼアニメで見たとおりで、でもってアニメで散々大泣きしたので、漫画はゆっくり自分のペースで落ち着いて読むことができました。総統も、キンブリーも、最後の最後でカッコいいよ~。
スカーの国土錬成についての説明はわかりやすかったですね。

次巻はいよいよ最終巻。結末はアニメと一緒なんだよね?それでもやっぱり楽しみだし、なんだか感慨深いです。

心機一転? 

久しぶりの更新です。

9月に家族がひとり増えることになり、それに伴って私の暮らしが激変しつつあります。

まず最初の変化は、明日から1年の予定で休職すること。
学校を出てから長い間ずっと働いてきたので、会社に行かない暮らしというのがどんなものなのか、さっぱり想像できません;
家にいるのが大好きで、長期連休が終わる頃にはいつも「会社にいきたくない~」と思う私だけど、それでも本当に行かないとなると「そろそろ働きたい~」って思うのかな?自分のことながら興味深いです。

とりあえず忙しくなるのは1ヶ月と少し先の予定なので、しばらくは専業主婦生活を楽しみたいなと思っています。

ということで、手始めに長く放置していたブログに手をつけることにしました。
ブログパーツの読書カレンダーと読書メーターに入れ替えて(今読んでいる本と再読の本を登録してみたかったので)、あと、Twitterも登録してみました!
どこまで続けられるかはわかりませんが…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。