スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入本…こればっかりだな; 

・ 『海の底』 有川浩/メディアワークス

空の中』がなかりツボだったので、楽しみです。

・ 『日光東照宮の謎』 高藤晴俊/講談社現代新書
・ 『QED 東照宮の怨』 高田崇史/講談社文庫

休暇をもらったので、今から一週間旅に出ます。その立ち寄り先のひとつが日光東照宮。せっかく行くんだから細部までじーっくり見てきたいなと思って参考に選んだのが上の2冊。
高藤さんは東照宮の禰宜、文庫長を勤めてらっしゃるそうで、そういう方が書かれた本ならきっと「ここ!」というポイントがわかりやすいんじゃなかな。
「QED」シリーズは一作目の『QED―百人一首の呪』は読んだのだけどその後は未読だったのです。が、今回「参考になる本なにかないかな~」と ”日光東照宮” ”薀蓄” をキーワードで検索をかけたらこのタイトルがずらーっと並んでいて。シリーズものの途中を飛ばして読むということはあまりやりたくないのだけど、これは読んでおかねば!と購入。
昨晩から読み始めたのですが、はじめから「それはこの目で確認してこなくちゃ」と思うこと連発。上記の高藤さんの名前も出てきて、「これはいい選択だったかも~」とひとりでニマニマ(笑)
こういう目的で読むなんて、ファンの方に怒られてしまうかな?でももちろん、これがミステリだということも忘れてないですよっ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/110-694b82ec

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。