スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュシャ展 

夕方、テレビをつけたままいろいろ片付けていたら、「・・・ミュシャ展・・・浜松市美術館・・・」という声が聞こえてきました。
ミュシャ?ミュシャって、あのミュシャ?浜松市美術館で!?

盛り上がりはしたものの、聞き違いかもしれないなーと検索をしてみたら。
・・・本当だよ。月末から東京都美術館で開催される(最初の投稿で「今開催中」と書いてしまいましたが間違いでしたので訂正(汗)) 「ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展 -華麗なるアール・ヌーヴォーの誕生-」の巡回先に浜松市美術館が入ってるっ!
2005年6月10日(金)~8月28日(日)とのことなのでしばらく先ではあるけど、近くでやるなんてすごく嬉しい。楽しみだなあ。

・・・と、ここでふと「そういえば恩田陸『ライオンハート』の中にミュシャの絵が使われてたよね?(連作のタイトルに絵画の名前が使われていて、扉に絵も載っていた)と、本置き場から『ライオンハート』を捜索。
今思えばネットで検索すればよかったんだけど、何故か思いつかなくて(汗)
久しぶりに対面した本の中にはミュシャの「イヴァンチッチェの思い出」がありました。
そうそうそういうタイトルだった、とすぐに出展リストを見てみたのですが、残念ながら今回のリストにはないようです。
でもリストの中には「これが見られるの!?」と思うものがいくつもあって、楽しみなことに変わりはありません。

というわけで、市の美術館もあなどれないな、と改めて思ったのでした。

その後、探し出した『ライオンハート』をなんとなく読み返していて、最初の「エアハート嬢の到着」でまた泣いてしまいました。この話、私の泣きのツボど真ん中なんですよ・・・。

ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展 -華麗なるアール・ヌーヴォーの誕生-

スポンサーサイト

コメント

こんばんは~。

凍月さんもミュシャがお好きなんですね。
私も大好きな画家なので、今月末から東京都美術館で始まる東京展を心待ちにしています。
リストを見ると展示数も多くてかなり大がかりな展覧会になりそうですよね。
でも、多分混んでるんだろうな~^^;
平日休みを取って午前中に行けば大丈夫かしら。
スケジュールを調整しておこう。

見てきたら感想書きますね。

楽しみですよね~。

そうなんです。展示品のリストを見て今からわくわくしてます。
私が見るのはまだまだ先になってしまうので、ぜひ感想を聞かせてくださいね!

あ、東京展は月末からなんですね!訂正しないと・・・(汗)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/12-670985d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。