スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ』 今野緒雪 /集英社コバルト文庫 

マリア様がみてる 薔薇のミルフィーユ黄、白、紅、それぞれの今を切り出して重ねて「ミルフィーユ」仕立てにしてあるのですね。特に大きな事件が起こるわけではなくて、なんとなくインターバルといった感じ。今回は「軽い気持ちで読んでたら予想外のところで泣かされちゃった」とかいうのはなしでした。
私は実は黄薔薇姉妹にはあまり思い入れがないのですが、今回はこの話がいちばん楽しかったです。由乃の妹はもう彼女に決まり、ですね。どんどん進みたい由乃のさらに上を行く感じがなかなかいいです。思わずにまにましながら読んじゃった。
あと自分でも「え、そうなんだ」とちょっと驚いたのですが、最後の紅薔薇姉妹の話が祥子さまと祐巳の話でちょっとがっかりしたんですよ。今はそれよりも瞳子ちゃんとどうなるのかが気になって仕方がないようです(笑) ま、きっとそれはこの先しっかりと語られるのでしょうからそれを楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/131-216cdc8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。