スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

志の輔らくご 19 

19というのは、浜松での立川志の輔さんの落語会の回数です。もう19回になるんだ。年に2~3回のペースとはいえ、かなりの回数ですね。志の輔さん曰く、「県庁所在地ではないのにこの回数はここだけ」だそうですが、さて本当なのかな?

話の中で少し「落語ブーム」について触れていました。やはりタイガー&ドラゴンの影響でお客さんが増えているとのこと。今日はまだそんなに若い人が増えたなという印象はなかったけど、それは田舎だから?(苦笑)
本当に観客数が増えているなら、それは私も嬉しいな。そうすればもっと地方公演が増えるかもしれないし。もちろん東京までいけばいつでも聴けるのはわかっているけど、落語を聴くために東京まで行くのはちょっと腰が重いのです…。

ここからは今日の落語会のメモ。演目にも触れますので、ご注意下さい。

前座は志の春さんで「たらちね」。
これは確か以前志の吉さん(今は二ツ目)でも聴きました。やはり話し手が変わるとずいぶん印象が違いますね。
志の春さんの声は聞き取りやすいのですが、ちょっと一本調子かな? あまり笑うことなく、なんとなく聴いちゃったという印象でした。

志の輔さんの一席目は「三方一両損」。
この噺を聴くのははじめて。途中何度も客席がどっと沸くところがありましたが、大岡越前登場で更に盛り上がってました。
この噺の落ちって、わかったような気がするんだけどよーく考えると「本当にそれでみんな一緒なの?」とよくわからなくなるのは私だけですか?

そして2席目は「八五郎出世」。
これが本当に面白かった!
志の輔さんの絶妙の呼吸に乗せられて、涙が出るほど大笑いして、ちょっとほろりとさせられて、落ちではあっと言わされて。
この噺、前にも志の輔さんで聴いたことがあるけど、落ちってこうだったっけ?変えてる?気になるけど、確認のしようがないのが残念。

次の公演は、年が明けた2月。帰りに会場で先行販売をしていたので押さえてきました。
1月に一ヶ月パルコ公演があるということなので、2月はパルコの新作かな?今から楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/147-d8f4c13d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。