スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『写楽・考 蓮丈那智フィールドファイルIII』 北森鴻 /新潮社 

写楽・考読みながら改めて、先日見たドラマとこの物語は纏う雰囲気が全然違うことを確認。
このシリーズって、蓮丈那智をはじめキャラクターの魅力というのももちろんあるけど、やっぱり主役は事件と絡んで導き出される民俗学的な薀蓄や様々な説なんじゃないかと思うのです。今回クローズアップされたあの人物も物語にとって重要だけど、それでも前面に出すぎることはないというか…。これが長編だと人間関係の比重が大きくなったりしてまた印象が変わるのでしょうけれど。

旧家に伝わる人形、御守様の調査に出かけ、事件に巻き込まれる「憑代忌」は、事件そのものよりも締めくくりにさらっと語られたことが後になってじわじわと効いてくる感じ。だってさ、よく考えたらそれってものすごく怖いじゃないですかっ。この後味の悪さ、好き~。

「湖底記」は、鳥居についての考察と最後にたどりついた仮説がとても印象に残ります。鳥居の見方が少し変わりそう。

「棄神祭」で解かれるのは、那智が院生だった頃に立ち会った祭祀で起きた殺人事件。町に伝わる数え歌が不気味です。好きだけど。
作中に出てきたエッセイ「骨鳴りのこと」にちょっと切なくなりました。引き金になった言葉についてはちょっと強引かなという気もしましたが;

そして、一番「おお!」と唸ったのは表題作「写楽・考」。
那智の立ち位置が今までと違うので(今回は完全に当事者、ですもんね)そのぶんどうなっちゃうんだろう?というドキドキ度が高かったように思います。
作中に出てくる一枚の絵についてのあれこれも、「!」とおどろくことばかり。いったいどこからこういうことを思いつくんだろう?
タイトルのつけ方も上手いですね。巻末を見ると雑誌掲載時から変わっているようですが、私はこのほうが断然いいと思う。タイトルから「どうアプローチするんだろう」と期待していた私を、ラストで鮮やかに投げ飛ばしてくれました。参った!という感じです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/149-a2bc77f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。