スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『少女には向かない職業』 桜庭一樹 /東京創元社 

少女には向かない職業出だしから「中学二年生の一年間で、あたし、大西葵は、人をふたり殺した。」ですもんね。で、物語はそこへ向かって転がっていく。
この物語は見返しに書いてあるとおり、これは「ふたりの少女の凄絶な<闘い>の記録」。あっと驚くような仕掛けがあるわけではなく、最後にあっと驚くどんでん返しが待っているわけでもない。
今を生きる少女を、そういう生き方しかできなかった(彼女たちはそう思っていると思う)ふたりを鮮やかに切り取った話だと思います。だた、こういう話が好きか、と聞かれたら「うーん…」だと思う。この感じは前に読んだ『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』と近い。嫌いなわけではないし、中途半端に救われたりしないのはいいと思うし、一気に読まされちゃったし、また読んでしまうとは思うけど。それでもやっぱり、「好き」じゃないと思う。

2作近い雰囲気の話が続いたので、今度は違う方向の話が読みたいな。(『GOSICK』とかは違いますよね?)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/155-2a9cf89e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。