スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

終戦のローレライ 1,2 福井晴敏 /講談社文庫 

終戦のローレライ (1)終戦のローレライ (2)今日は休みだったので、1日かけて終戦のローレライを読むぞ!と昨日から決めていました。
起きて、先日買った文庫の1,2と図書館で借りた下巻、それからお菓子と紅茶を用意して、読み始めたのが朝の8時。お昼に簡単な食事をしたのとお茶のおかわりを用意した以外はほとんど休みなしで読み続け、2巻を読み終えたのは夕方の6時。・・・一日で読もうなんてやっぱり甘かったか。読むのが早い方ではないしそのくらいかかるかなとは思ってはいたけど、出来ることなら一気に読みたかったなあ。

『亡国のイージス』も面白かったから、きっと読み始めたら止まらないだろうなとは思っていたけど、やっぱりその通り。いえ、思っていた以上かも。だって、私のものすごくツボな設定なんだもの。
太平洋戦争末期の潜水艦での物語、そのくらいの予備知識しか持たずに読み始めたので、これは予想外のわくわくでした。何がそんなに好きなのかというと・・・これはやっぱりネタばれな気がするので<続き>の方で。

この話が少年と少女の話だったなんて!(いや、それだけではないのはわかっていますが;)
前から私の日記におつきあい下さっている方には耳にタコかもしれませんが、少年が守りたいものを見つけて己の無力さを知り、少しずつ強くなる。そういうのに私は本当に弱いです。少女が守られるだけの存在でないならなおさら。今回も前半の山場ではあまりに盛り上がってしまって背中に震えが・・・(苦笑)
これから先彼らがどうなっていくのか、とてもとても気になります。ああもう、どうして明日は休みじゃないんだろうなっ(泣)

スポンサーサイト

コメント

あ、では……

『川の深さは』とかお好きなんじゃないでしょうか?(笑)
実は私は『川~』しか読んでいなかったのですが。
私も読みかけの本を放置したまま、今日の通勤電車から『終戦のローレライ(上)』にかかってます。まだ始めですが、結構ぐっとくるものが多くてちと泣きどころ(苦笑)
でも私は下巻がないんですよね~。今の内に図書館で予約するべきかしら;

思わず、ぶ厚い本を電車で開いている桜さんを想像(笑)結構重いですよね?

>『川~』
そうなんですか?
それは読まなくては!ありがとうございますっ。

上巻の終わりで一応ひとつの山場を越えるので、「すぐに読まないと眠れないっ」ということはないかもしれなけど、でもやっぱり予約しておいたほうがいいと思いますよー。>下巻

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/19-a0341b14

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。