スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「DEATH NOTE」 12巻 大場つぐみ・小畑健/ジャンプコミックス 

DEATH NOTE 12 (12)ついに最終巻、ですね。
第一部の終わりまではとても盛り上がりましたが、それ以降はもう話についていくだけだったので、本誌での連載が終わったと聞いたときは正直「これ以上長くならなくてよかったな」と思ってしまったのです。が、やはりこれが最終巻だとわかって手に取ると「一体どうやって終わるんだろう」というちょっとした緊張感で手に汗が(笑)

ラストへ至る過程については先回りして考えることを放棄して読んでいたので、途中「え!?」とか「そこまでかー」とかいろいろ思いましたが、ラストはなんとなく「こうなるんだろうな」と思っていたのと近かったです。
終わってみて全体を思い返してみると、面白さが半減したと感じた第2部以降もちゃんと筋が通っていたということかな、とも思います。第一部の印象があまりにも強烈で鮮やかだったから、その後の物語にあまり夢中になれなくなってしまったけれど。でも、その後の話がなかったらあのラストには辿りつかなかったのかもしれないな、と。

うん、やっぱり私、あの終わり方は嫌いじゃないんだな。もやもやっとしたものは残っているけど。
一度最初から読み返したいですね。…けど、後半を読み返すのはちょっと気合が要りそうだなあ…。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/195-9f2add49

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。