スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『明日の話はしない』 永嶋恵美 

明日の話はしない
「明日の話はしないと、私たちは決めていた」で始まる3つの物語+最終話。
語り手は、小児病棟に入院する少女、橋の下で生活をするオカマのホームレス、スーパーのレジ打ちをしながら恋人とその友人2人の4人で暮らす女。

ちょっとすごいなと思うのは、どの話の語り手にも感情移入できないところ。語り手が女(ひとりはオカマだけど)なのにもかかわらず、です。でもきっとそういう読み方でいいんじゃないかと思う。悪意ある行動をする登場人物に「そうするのも仕方がないんだ」なんて同情することのできないような描き方は、語り手に気持ちが寄り添わないぶん、物語から少し離れて追っていく感じで面白かったです。
最後に明らかになることのだいたいは途中でなんとなくわかってしまったのが残念。わかっていても驚くようなエピソードがあったらもっとよかったのだけどな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/228-39913fa3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。