スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『儚い羊たちの祝宴』 米澤穂信 

儚い羊たちの祝宴
帯には「ラスト一行の衝撃にこだわり抜いた、暗黒連作ミステリ」と書かれています。まさにその通り、ラストに驚きが用意された連作短編集。
ラストでのそれも短い文章でのどんでん返しは短編ミステリにのぞむ大きな要素だとは思いますが、それを堂々帯にうたっているというのもすごいですね。だからどうしても読んでいるこちらとしては、そのどんでん返しを見破ってやろうと思うのだけど、毎回それができないままラストを迎えることに…。
現実と幻想の端境にいるような独特な雰囲気も手伝って、今まで読んだ米澤作品では感じなかったような後味の悪さです。
面白かった?と聞かれたら「面白かった」と答えるけれど、好きかと聞かれたら「あんまり好きじゃないかな」かなあ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/233-9f713e71

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。