スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『街の灯』 北村薫 

街の灯 (文春文庫)
先日出版された『鷺と雪』でベッキーさんシリーズは完結、なのだそうですね。
昭和初期の雰囲気がなんともいえないこのシリーズ。とても好き…なはずなのだけど、忘れっぽい私の頭の中にはなんとなくの記憶しか残っていないくて…。
こんな状態で最新刊を読むのはもったいない!というわけで、まずは1作目の『街の灯』を再読。

特にこのシリーズの北村さんの文章は、主人公英子の立場と年齢のせいもあってか「高潔」という印象を持ちます。大袈裟な言い方かもしれないけど、私のイメージはそう。凛としていて、それでいて優しい。
やはり好きだなあと改めて思いました。

続けて『玻璃の天』を読む予定。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/241-b26bbf75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。