スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりの表紙買い 

僕と『彼女』の首なし死体
もうずいぶん前から、ハードカバーの衝動買いはなるべくしないようにしています。
自制しないと(いや、自制していても明らかに)購入した本の数>読んだ本の数になってしまうので(汗)、買うと決めている作家さん以外の本はできるだけ図書館で借りよう、と。

だけど今日は吸い寄せられるように手に取った本の表紙につられて思わず衝動買い。
だって、表紙の画が夢花李さんだったんですよ!
漫画家さんがハードカバーの表紙って、ないわけではないけど、でも驚きました。

…どうしてかな、この方の絵がものすごく好きみたいなのです。
今も、表紙をブログに表示したいっ!という一心で記事を書いてます…が、どうやらまだAmazonに書影が出てないみたいですね;
早く表示されないかなー。

あ、もちろん、きっかけは表紙でしたが、購入を決めたのは内容に心惹かれたから。
『僕と『彼女』の首なし死体』、ちょっと文章の感じを見てみようと開いた最初の頁の1行目のインパクトは大きかったです。どんな話なんだろう?
横溝正史賞関連は、「こういうの、私好き~」というのに出会うことがあるので(ここ何年かだと『水の時計』、『中空』、『風の歌、星の口笛』)、楽しみです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/247-fc74b1a9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。