スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日の購入本 

明日は相方の家で法事なのでその準備を手伝って帰宅すると、図書館から「返却期限を過ぎましたよ」と電話が入っていました。
確かに過ぎたけど、期限は昨日だよ?それで今日電話って、早いなあ。(<いや、過ぎてる私が悪いのはわかっていますが)
やっぱり映画化で盛り上がっているローレライに予約がついているせいかな。
明日は図書館には行けそうにないのでブックポストに返却しに行き、「せっかく出たんだから」と本屋へ。購入したのは

・ 『川の深さは』 福井晴敏 /講談社文庫

実は『Twelve Y.O.』も『月に繭 地には果実』も買ったまま未読なのですが・・・(汗)
そういえば『月に繭 地には果実』を買ったのは、ターンAガンダムの映画版「地球光」「月光蝶」を見た時だっけ。
テレビ版は見ていなかったので、映画でわかりきれなかったところが気になって仕方がなくて、でもビデオでシリーズ全部借りるのはちょっと億劫で、「小説版を読んだらすっきりするかも!」と飛びついたのでした。
小説はそのまま積ん読にしてしまっていましたが、テレビ版はCSで放送がはじまったので見ています。今は物語中盤にさしかかろうというところ。あれれ?と思うのは、映画で「ん?今のエピソードはよくわかんないな。編集のせい?」と思ったところはテレビ版を見てもよくわからないということ。演出の流れやテンポが、私の感覚と少し違うようで・・・。面白い?と聞かれたらちょっと答えにつまるかもしれません。いろいろ気になっちゃうので見るのをやめられはしないんだけど。
小説も今がタイミングなのかな。とりあえず保管場所から探し出そうっと。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/25-521097c8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。