スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジョーカー・ゲーム』 柳広司 

ジョーカー・ゲーム
昭和12年に開設された「D機関」と呼ばれるスパイ養成学校。それに関わった陸軍軍人、卒業して敵国に潜伏した者など、話ごとに語り手が変わり、5つの話に共通する登場人物は「D機関」の発案者でかつて優秀なスパイであったと噂される結城中佐だけ。
そういう構成だったということもあってか、読む前の印象よりもずっと読みやすかったです。

結城曰く、「殺人、及び自決は、スパイにとっては最悪の選択だ」。
…なるほど、言われてみれば納得なのだけど、今まで私が抱いていたスパイのイメージとは少し違う気がします。陸軍内にあってはものすごく異質な存在なのに、一旦任務に就けば人目を惹かぬよう波を立てぬようふるまうのだと思うと…すごいとしか言えませんね。

どの話も面白く読みました。が、少し物足りないかなあ。5つの中でどれがいちばん面白かったかを書こうかと思ったのだけど、ガツンとくる話がなくて選べない。結城がストーリーに直接的に絡む話がひとつ欲しかったな。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/250-63ef8461

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。