スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『叫びと祈り』 梓崎優 

叫びと祈り (ミステリ・フロンティア)
面白いのだけど、何故か物語に没頭できず、なんとなくすっきりしない気持ちを抱えたままで読んでいたせいか、読み終えるまでに時間がかかってしまいました。きれいな文章なのだと思うのだけど、私の読むリズムとどうも合わないようで、何度も同じところを読んでしまうこともあり…。

でも、すっきりしないのはそれだけが理由じゃないよなあと思いながら最終話の「祈り」を読んで。

なんとなく、違和感の正体がわかったような気がしました。たぶんポイントは物語に対する斉木の立ち位置と関わり方だったんだと思う。その私が抱えていたモヤモヤは形を変えて心に残りました。具体的にはネタバレになるので書けないけれど、タイトルに気持ちが重なった感じです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/264-64b21c2a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。