スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「昔久街のロジオネ」 夢花李 /角川書店あすかコミックスDX 

昔久街のロジオネ私は絵柄だけで衝動買いっていうのはあまりないのですが、これは本当に絵に一目惚れでした。
表紙もいいけど、裏表紙も可愛いのです。色使いもすごく好き。
漫画の絵柄は表紙の盛り上がりに比べるとトーンダウンはしましたが、「違うー」ってことはなかったです。男の子がかっこいいので私としてはマル。
表題作「昔久街(なつかしまち)のロジオネ」はお話もいい感じだったので「お」と思いましたが、その後の収録作はビミョウかなあ。
あとがきにちょこちょこと書いてある落書きみたいなイラストがまた可愛いかったです。

スポンサーサイト

コメント

夢花さんだと……

以前、「ぱふ」のインタヴューを見て、『チョウになる日』を買いました。
こちらはBL系のレーベルですがきれいなお話で、白泉社系好きな人は好みなんじゃないかなぁ、と勝手に思ってます(笑)
インパクトは薄いけど、コマ割りが詩的できれいなんですよね。
『チョウ~』はラストで手を繋ぐシーンがあるのですが「あ、素敵」と思わせる仕掛けがしてあるのです。これはヴィジュアルでしかできないな、と。

検索してみましたっ

BL小説のイラストとかも書いてらっしゃるんですね。
うーん、気になっちゃうなあ。>『チョウになる日』

絵があまりにもツボだったし、「昔久街のロジオネ」がよかったし(・・・話がいいというよりは、ところどころにキュッとつぼにくるところがあるって感じなんですが)、他に本出てるのかな?と思ってはいたのです。
そこへ桜さんの文を読んだらますます・・・。
お話がきれいならBLでも別に気にならないし、買っちゃおうかなっ。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/49-dce5e1a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。