スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『密室の鎮魂歌』 岸田るり子 /東京創元社 

密室の鎮魂歌(レクイエム)
第14回 鮎川哲也賞受賞作。

最初にこの表紙を見た時は「なんかいい雰囲気っ」とわくわくしました。読み始めるとすぐにわかるのですが、この表紙の絵は作中に登場する重要な絵、なんですね。この表紙を見ているかいないかでその場面(それ以降も)でのイメージの拡がり方はかなり違うと思います。

はじめに提示される謎、その後に出てくる密室も「一体どういうことなんだろう?」ととても興味をそそられました。文章も読みやすかったし、ラストまでは止まることなくどんどん読めてしまいました。

なんですが、読み終えての印象は「普通に面白かったけど、ちょっと物足りないなあ」という感じです。終盤に明かされた事実とそこから導き出された真相にあまり驚けなかったんですよね。今その道具立てひとつずつを思い返してみると結構魅力的なものも多くて、もっとツボにはまってもおかしくないはずだと思うのに、それでもあまり盛り上がらなかったのはどうしてかなあ。
もうちょっとなにかが違えばもっと面白いと思えたような気がするんだけど・・・。

あと、これは完全に私の好みなのですが、新人賞をとった本を読むときってどうしても「勢い」を期待しちゃうんですよ。ちょっとくらいヘンなところがあっても、「そんなこと関係あるか!面白ければいいんだ!」みたいな勢いが好きで。だから、物語がまとまっていたことにちょっと肩透かしをくっちゃったのかもしれないな、とも思いました。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/5-4df23603

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。