スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『マリア様がみてる 妹オーディション』 今野緒雪 /集英社コバルト文庫 

マリア様がみてる ―妹(スール)オーディションタイトルを見た時「妹オーディション!?いくらなんでもそれはどうだろう」と思いましたが、さすがに妹をコンテストで選ぶ話ではなかったですね(苦笑)
いつものことながら、読んでいて楽しかったです。やはり出会いというのは探しているところとは違うところに転がっているということなんですね。
祐巳ちゃんの妹問題もそろそろ決着かな?この話でひとりに絞られたわけだし、次はそれがメインの話になるといいなあ。1年生は私が好きなキャラなので、とても楽しみです。

余談になりますが、先日読んだ三浦しをん『私が語り始めた彼は』で語り手たちが心の奥にしまったもののイメージを上手く言葉に出来なくて、それがずっとひっかかっていたんです。
それが、この話を読んで目の前がぱっと開けたような気がしました。
そう、きっとそれは「マリア様の星」なんですね!
(もちろん私はそう思う、なのですが)
可南子ちゃんの話とそれを受け止めた祐巳ちゃんの言葉を読んでいて、「ああそうか、そういうことなんだ」と思ったのでした。
続けて読んだのは私にとって縁だったのかもしれません。なんだか嬉しかったです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/72-3b5eb86e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。