スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ほしのこえ」 原作:新海誠 漫画:佐原ミズ /講談社アフタヌーンKCDX 

ほしのこえ私が最近「絵柄が大好きっ」と書き散らしている漫画家さんの別名義での本だという情報をいただいて、早速購入。(アギさん、ありがとうございます)
本当に、本屋で見るたびにずっと気になっていたんですよ。
ただ、「ほしのこえ」の漫画化ということだったので購入をためらっていたのでした。
が。
買ってよかったです!アニメを見てから少し時間が経っているせいもあってか、とても新鮮な気持ちで読みました。
改めて、やはりこの方の絵、大好きです。表情とか構図とか切り取り方とか、とにかくツボなんだと思う。台詞は少なくても、実質的な距離が離れていくことの切なさ、ノボルの迷い、ミカコの不安が伝わってきて、読んでいる間ずっと息苦しかったです。
ラストは泣いちゃいました。アニメでも印象的だった二人のモノローグはもちろん、漫画では+α(アニメにはなかった場面ですよね?)があって、それがまたよかったです。
とりあえず勢いでがーっと読んじゃったので、もう一度じっくり読み返してみようっと。

スポンサーサイト

コメント

こ、こんばんは

こ、こんばんは。
実はそれ今日買いました。
今度うちでも紹介しようと思っていたのですが・・・
ここまでかぶるとちょっと恐ろしいです。

本の感想ですが、予想以上に素晴らしかったです。
アニメならではの独特の世界を、漫画版はどこまで再現できるのか少し不安だったのですが、見事の一言です。
よく+αを入れて、「あーあ、余計なことを」と思うことがありますが、
これはよかったですね。違和感がなかったです。

この人の絵ははじめて見ましたが、いいですねー。
気に入りましたよ。
(というかジャケを見て即購入を決意しました)

それは!

またすごい偶然;

でもって、デスノートもかぶってますよね。購入されたというのを嵐雪さんのブログで読んで、お!と思いました。

「ほしのこえ」は本当によかったですよね。絵柄が好きで買ったけれど、アニメを漫画化するということについてはそれほど期待していなかったのですが、いい意味で予想と違ってました。

アニメももう一度見てみたくなりました。週末にでもレンタルに行こうかな、なんて思ってます。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/73-31025e54

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。