スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

購入本 

ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻活字倶楽部 2005年春号』 /雑草社
ゆめのつるぎ 少年源頼朝の巻』 若木未生 /集英社コバルト文庫

一応「書影を入れるのは、読み終わった本のことを書くとき」と自分の中で決めていたのですが、今日は嬉しかったので掟破り。
『活字倶楽部』目当てで本屋に寄ったらコバルトの新刊が出ていて、「連休だから早めに出たんだー」なんてなんとなく見ていたらこの本が目に止まりました。なんとなーく呼ばれた気がして手にとったら若木未生さんの新作で”少年源頼朝”とある。そういえば、がーっと一気にオーラバスターを読んだことがあったっけ。このあたりの時代って誰が主人公でも面白いよなあ。倉本由布さんの一連の鎌倉の話も好きだったなあ、などと脈絡のないことを考えながら本を開き、最初の人物紹介を「わーいい感じのイラストだー」と通り過ぎ、次の頁で固まりました。平清盛と藤原信頼があまりにツボで。で、しばらくぼーっと見惚れた後ではたと気がつきました。このイラストって、もしかして・・・?
そう、夢花李さんだったのでした(前振りが長くてすみません;)。さんざん好きだ好きだと書いておきながら表紙で気がつかないあたりかなり鈍かったわけですが、やっぱりこの方のイラストはとてもツボだということを再確認。
若木さんの時代物がどんな感じなのかも楽しみです。

『活字倶楽部』はとりあえず荻原規子さん、北森鴻さんのインタビューを読みました。荻原さんの新作、もうすぐですね。これもとても楽しみです。
あとめくっていて目に止まったのは、「麗しの美僧」のキャラ投票。また、ヘンな切り口の投票だなあとか思いつつ、すぐに頭に浮かんだのは「唯恵」。そう、氷室冴子さんの『なんて素敵にジャパネスク』に登場するあの美僧です。ちょっと思い出しただけで数々の名場面が頭をよぎります。浮かんでくる台詞たちにしばらくぼおっとした後誌面に戻ったらやっぱり彼の名前があって、思わずにやけてしまいました。

なつかしいといえば、今月のコバルト新刊の中に新井素子さんの『いつか猫になる日まで』の新装版がありました。これも夢中で読んだっけ。好きな本がまたこうやって新しい形で店頭に並ぶのは、やっぱり嬉しいですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/88-6583d1fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。