スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハチミツとクローバー」 7巻 羽海野チカ /集英社クィーンズコミックス 

ハチミツとクローバー 7 (7)竹本の自分探しの続きだしなあ、と、あまり期待していなかった(<暴言ですか?すみません、竹本くんはいいコだと思うけど、ドキドキはしないのです;)新刊ですが、読み出すとやっぱり夢中になっちゃいました。
私はクリエイティブな人間ではないので、こういう仲間と過ごす学生生活というのにものすごく憧れます。自分には無縁だとわかっているゆえに余計に「こういうふうに悩んでみたかった」とか思っているのかな。
心に残る場面はいろいろありましたが、はぐと受験生くんのエピソードがいちばんすき。私もあれくらいのとき「早く大人にならなくちゃ」と思っている可愛げのないガキだったのです、たぶん。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/90-f9c42eb5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。