スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『格闘する者に○』 三浦しをん /新潮文庫 

格闘する者に○面白かったです!
単行本で出た時に「すごく印象的だけど、どういう話なのかさっぱり見当がつかないタイトルだなあ」なんて思ったことを覚えています。
でも、そんなこと考える前にとりあえず読んでみればよかったなあ。

可南子が自分をとりまく様々なことに対して抱く気持ちには共感できることがいっぱい。だいたい、「今まで一生懸命やってきたのは漫画を読むことだけ」ってとこでもう同胞気分だもの(笑)
でも彼女も、彼女を取り巻く人たちも、決していい加減に生きているわけじゃないんですよね。(就職活動中とはとても思えないけど(笑))一見やる気がなさそうだけど、自分の信じるところに対して真摯な態度でいようとしている…と言ってしまうと少し大げさなのかもしれないけど。
笑って、笑って、ちょっとしみじみしたりして、そして迎えたラストでものすごいドラマが待っていたわけではないけれど、なんとなくいい気分で読み終えました。

あと私のツボだったのは弟の旅人くん。出番はそれほど多くないけど、私の気持ちを鷲掴み!でした(笑)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://itetsuki.blog3.fc2.com/tb.php/95-a6d6e486

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。