スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書カレンダー 

しばらく放置状態だったこのブログですが、思うことがあって、また読んだ本の感想を書きはじめました。いつまで続くかわからないので、ひっそりこっそり出来る範囲で書いていきたいと思います。

さて、しばらくぶりにブログをあれこれいじっているうちに、FC2で公開されているブログパーツの中に「読書カレンダー」なるものをみつけました。
これ、買った本、読み終えた本、興味がある本を登録すると、月に何冊読んだか、買ったか、いくら使ったのか(Amazonから定価を引っ張ってきてくれる。もちろん、訂正もできる)を表示してくれる。公開するか非公開にするかは項目ごと、本ごとに設定でき、公開にしたものはブログパーツに表示されるというもの。
これ、便利ですね!
ブログの記事として感想を書くのはそれなりに気合が要るけど、登録してちょこっとコメントを書いておくだけなら手軽だし。それに買った本の金額が合計されて出るのも「おおっ!」です。家計簿はつけられないけど、これならつけられそう。

私は最近の事情に疎いのでこういうものが前からあったのかどうかは知らないのですが、便利なツールがあるものなのですね。

読書カレンダー

私が思う貴方バトン For 桜さん 

本当に久しぶりの更新で、ちょっと緊張;
桜さんのところでご指名をいただいたのは一週間も前なので、遅ればせではありますが答えてみたいと思います。


*正直に答えること
*お世辞は必要ありません
*エンドレスなので止めないで下さい

1、誰から回って来た?
桜さん。
こういうことがないとブログの更新から離れるばかりだったので、いいきっかけになりました。ありがとうございます。

2、その人と初めて会った時の第一印象は?
もうずいぶん前のことですよね…。
小さくて可愛らしい方だなと思ったこと、「え、何歳!?」と思ったことを覚えています。
いや、そんなに小さいわけではないのかもしれませんが、私の印象はそうだったのでした。

3、その人を色で例えると?
やっぱり桜色かなー、それとも黒かなと考えていて辿り着いたのは白。なんででしょうね?

4、その人の好きな所を言って
好きなこと、好きなものに対する姿勢。
自分のものさしをちゃんと持っていらっしゃって、なんかとてもいいなあと思うのです。

5、その人の嫌いな所を言って
んー、思いつきません。ほんとですよー。
 
6、その人を野菜に例えると?
何かな、ピンと真っ直ぐに伸びた葉ものっていう感じなんだけど…。ネギ?いや、それじゃなんか違う気がする(笑)

7、その人を最初何歳だと思ってた?
桜さんとの最初の記憶って『星へ行く船』の太一郎さんの話題なんですよね。
だからそのときは同じくらいだと思っていたのではないかと。
実際の年齢を知って、思っていたよりも年下で驚いた覚えがあります。

8、その人って何系だと思う?
物書きさん系。…って、そんな答えあり?

9、その人って誰に似てる?
思いつかないなあ。

10、その人って格好いい?可愛い?
可愛い、です。
どっちの面もあるとは思うのですが、私から見るとやっぱり「可愛い」方ですね。
 
11、その人に向けて一言!
不義理をしっぱなしなのにも関わらず、何かと気にかけてくださってありがとうございます。
とてもとても嬉しく思っています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

12、このバトンを回す9人を指名して下さい。(返すのはOK)
ここの更新がこんな調子なので指名はパスです。

以上です。
書いていてしみじみ思ったのは、「桜さんと最初に知り合ってからもうずいぶん経ったんだなあ」ということ。最初ってどうだったっけ?と探る記憶が遠くて(笑)

気がつけばもう春ですね。
明日はちょっと足を伸ばして桜が咲く道をサイクリングの予定です。

ドラマW 「結婚詐欺師」 

昨晩放送の WOWWOW ドラマW 「結婚詐欺師」を見ました。

何人もの女を手玉に取る男を加藤雅也、彼を追う刑事を内村光良、刑事の元恋人で詐欺のターゲットになる女を鶴田真由が演じていました。
原作は未読。タイトルはよく目にしていたので結構楽しみにしていたのですが、正直微妙な感じ。

続きを読む

心機一転? 

昨日久しぶりに更新した勢いがまだ残っているので、テンプレートを変更しました。
考えてみたら、ブログを使うようになってからテンプレートを変更するのははじめてです。今頃言うのもなんですが、簡単にデザイン変更できて便利なんですね、テンプレートって。

本棚バトンでお久しぶりです 

半年振り…いや、もっとですね。久しぶりの更新です。
なんだかんだといろいろなことがありまして、ひと頃はブログの更新をする余裕はなかったのですが、今ではもうすっかり落ち着いて…のはずが、一度手を止めてしまうとなかなか再開するきっかけがなくて。
そんな所に桜さんがきっかけを下さいました。ありがとうございます~。

というわけで、いただいた本棚バトンに答えてみたいと思います。


○部屋にある本棚の数

本棚は3段のカラーボックスくらいの本棚がひとつだけ。
そのかわり、1間のクローゼットの下半分を本専用にしてます。
引越しをする時に「このスペース以上本を増やさないこと」と言われましたが案の定守れず、今は壁際に本の山々が…(苦笑)

○今読んでいる本

『インシテミル』 米澤穂信
「風の王国」シリーズ 毛利志生子
時々さくさく読めるボリュームのある話が読みたくなります。
そういう時はライトノベルがいいみたい。

○最後に買った本

遠まわりする雛』 米澤穂信 を注文したところ。


○よく読む、または思い入れのある本5冊

深く考えると迷ってしまいそうなので、ぱっと浮かんだものを。

SF > 『永遠の森 博物館惑星』 菅浩江
思い返すだけで胸がじわっとなるくらいに好きな場面があります。もちろんそこだけではなく、どの話も大好き。

恋愛 > 『眠れるラプンツェル』 山本文緒

正直なところ、恋愛小説ってあまり読んでいないのです。
SFやミステリに恋愛が絡んでいるものは大好きなのですけど。
「恋愛小説」を選ぼうとして最初に浮かんだのは何故か『クロスファイア』。あの終わり方、好きだった。

ミステリ > 『空飛ぶ馬』 北村薫

毎年年末になると必ず読みたくなります。
聞きにいった落語の演目が「芝浜」だったときはものすごく嬉しかったですね。

文学 > 『三四郎』 夏目漱石

高校3年の時、国語のテストで「近代文学からひとつ選んでそれについての考察を作文する。感想文ではなく、作品についての意見を述べること」というのがありました。確かどこかの期末テストだった。…今思うと「そんなテストあり?」ですが(笑)
その時選んだのが『三四郎』でした。
ものすごく「青春小説」で面白かったことも印象深いけど、漠然と感じていた”作品について考える”ことの面白さをはっきり意識したのがこの時だったというのが選んだ理由です。

BL > これは守備範囲外ですね~。苦手なわけではないのですが。


○バトンを渡す5人 は、なし。ここを見てくださる方がどれだけいるかも謎ですし;


…久しぶりに文章を書いた気がします。やっぱり仕事で書くメールとはわけが違うなあ。

ただ、読んだ本のタイトルだけでも書いていかないと、何を読んだか思い出せなくなる…というのは、最近実際にあったこと。自分のためにも少しずつでも更新しよう、うん。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。